北アルプス ランプの山小屋 船窪小屋

  →道しるべの会通信   →船窪レポート
【訃報】松澤宗洋 逝去のお知らせ
父、松沢宗洋(ムネヒロ)が病気療養中の処、令和3年8月25日に他界いたしました。
6月に脳梗塞を発症しドクターヘリで救急搬送されてからというもの
面会もままならない大病院から1日も早く自宅へ帰ることを目指し、リハビリ目的で転院して始めようとしていた矢先、誤嚥性肺炎をわずらい、徐々に衰弱が進みました。
このまま遠くの病院で一人で息を引き取るようなことだけは悲しすぎると思い
看護師の妻が以前勤めていた医療施設の医師にご協力いただき、行政の皆様のお力を借り、病棟の皆様の全面協力を得て23日に覚悟の退院をさせていただくことができました。
病室へ迎えにいったときは大きく肩で息をして目も開けられない父でしたが
搬送用救急車両に優子が付き添い「お父さん、おうちへ帰ろうね。お母さん待ってるよ」と声をかけ続け
「白馬まできたよ」「ほら、五竜が見えたよ」と声をかけるとパチーンと目をあけ
妻の手をギュッと握ったそうです。
住み慣れた我が家に到着した日は、もう血圧も図れない状態にもかかわらず
問いかけに目をあけ、しっかりうなずき、医師も大変驚いておられました。
苦しい状態だったと思いますが、2日間を自宅で過ごし、兄弟、親戚、子供、孫、ひ孫らと会うことができました。
2泊目の夕時には眼鏡をかけてやり、以前取材いただいた船窪小屋のドキュメンタリー番組を流すと
目を見開いてじっと見ていました。
その夜。
最期は母に手を握られ、家族全員に見守られながら
静かに旅立つことができました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、
謹んでお知らせ申し上げます。
山を愛し、
時代と共にいくつもの事業を手掛け、皆様からの沢山の手助けを頂きながら
母と常に二人三脚で歩み続けた人生でした。
父は最後の最後まで、背中で語る男でした。
正義感が強く、まっすぐ、真心を持って生き抜いた父でした。
多くの皆様と出逢い、
父の人生は本当に幸せだったと思います。
松澤宗洋を愛してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
なお、通夜・葬儀は親族のみで執り行いました。
コロナ禍の折、弔問会とさせていただき、故人を偲ぶ写真などを展示させていただきます。
【記】
1.日時 9月2日(木) 12時~14時
2.場所 JAホールおおまち
ホテル白馬ベルグハウス・北アルプス船窪小屋
代表 松澤宗志
ーーーー【母 寿子からのメッセージ】ーーーー
暑さ残るこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私たち6月2日に2回目のワクチン接種を終えて夕食を済ませ普段通りに眠ったのですが夜中に体調を崩し長野日赤病院へ搬送されました。
以来回復することなく、帰らぬ人となりました。
私と子供たちの懸命な願いと、夫のために全力で尽くしてくださった医療チームの皆様のご努力で家に帰ることができ、2日間、親族・兄弟・子供・孫・ひ孫たちに迎えられたときはうれしそうな表情で
目で話しかけてくれました。
白馬の山々がこの人を助けてくれた!と
家中に歓喜が走りました。
細身ながら人一倍体力があり、芯の強い人でした。
60年間連れ添わせていただき、
私はとても幸せでした。
特に船窪小屋で過ごした懐かしい日々が、宗洋にも私にも、大きな命の糧を与えてくれたと思います。
大勢の皆様に支えられ、教えられ、親しくして頂けましたことは、二人の人生を広く大きく育ててくれました。
ほんとうにありがとうございました。
9月2日には皆様にお目もじできますよう、
お待ち申し上げます。
松澤寿子

こんにちは♪
船窪小屋です。
本日無事に2回目の荷上げのヘリが飛びました♪
ベルグハウスで手配し,買い出しに行き準備して下さった沢山の荷物が無事に積み込まれて船窪小屋へ到着しました。
ありがとうございます。
又,今回も強力な助っ人が…
第1回目の荷上げの時手伝って下さった松本市の、Kさん。
2回目のヘリ荷上げにも、たまたま泊まりに来て下さいました。
そして、しっかり手伝って下さいました。
本当にありがとうございました!
現在、水場が崩落してしまい湧水を汲めない状況になってしまいました。
船窪小屋の名物の一つ『日本一危険な水場』は本当に危険になってしまいました。
天水のみで炊事を行なっており非常に厳しい状況となっていますので、
水はペットボトルのみの販売となっています。
厳しい状況をご理解いただき、ご協力の程お願いいたします。

キャンプ場をご利用のお客様へ
水の販売は一人様5リットルまでとさせて頂きます。
ご了承くださいませ。

こんにちは♪
船窪小屋です。
グループ様でお越しの素敵なお客様達のご紹介です。
何度もツアーで一緒に登山されているのでしょうか。
テキパキと行動が早く、見ていて気持ちの良いお客様達でした。
七倉から登って七倉におりる、船窪小屋に泊まることを目的の山行でした。
朝6時出発と言えば、みなさん30分前には外に出られて準備ばっちり。
ガイドさんによる靴紐の結び方チェック、集合写真撮影、準備運動と流れるように進み、6時ちょっと前には元気に下山していかれました。
手を大きく振って皆様の下山の安全をお祈りしながらお見送り。
又お越しくださいね~。

船窪小屋に行っていた男性スタッフとオーナーが無事に作業を終えて下山しました。
船窪小屋では塩ちゃんが皆さんのお待ちをお待ちしております。
下山したスタッフは今度はベルグハウスにお越し下さるお客様のおもてなしの日々が始まります。
オーナーも星空案内でお客様をご案内いたします。
是非ご宿泊の皆様。スターウオッチングツアーにもご参加下さいませ。
船窪小屋&ベルグハウスどちらも沢山のお客様がお越しくださいますように♪
お待ちしております。
雨の中,船窪岳周辺の登山整備に向かい無事完了し安全に通れるようになりました。
強風で倒れていたキャンプ場のトイレも元通りに戻しました。
作業中に鳥帽子小屋から不動岳を通り
針ノ木岳まで行くという方が来られ様子をお聞きした所,
不動岳方面の登山道は特に問題なく通れたとの事です。
後日小屋番塩ちゃんに点検に行ってもらう予定です。
皆さんが安全に登山できますように精一杯取り組んでいます。
昨日朝6:00。
社長とスタッフで小屋番塩ちゃんが待つ船窪小屋へ向かいました。
小雨がぱらついていたのに
誰だ?晴れ男がいたようで♡
歩き始めたら日が差してきました♪
七倉を8:00頃に登り始め
お昼前には元気に到着したようです。
今回は昨シーズン通れなかった不動岳の道をなんとか通すためにみんなで向かいます。
まだヘリは飛んでいないので上には米や味噌などの食糧しかなく
リュックの中に野菜やお肉を忍ばせて登ります。
たくさんのお客様があの道を通って烏帽子の方へ向かいたい!と待ってるもんね!
みんな、がんばってね。
さて…
今朝の船窪小屋は雨模様です。
それでも作業に向かいます。
みんな、昨日はよく眠れたかな?
囲炉裏を囲んで男だけで
どんな話ができたでしょう?
社長とゆっくり膝付き合わせることもなかなかないから貴重な時間なことでしょう♪
朝6:00。
塩ちゃんも一緒にみんなで現地へ向かいます!

【お客様へ船窪小屋よりお知らせ】

荷揚げ間近となって、今年はヘリポートの使用ができないという連絡が入り
現在も別のヘリポートの準備を必死に進めております。
只今運輸局からの連絡待ちのところまで、ようやくこぎ着けました。

お客様には大変申し訳ありませんが
現在食材の荷揚げがまだできておりませんので
しばらくの間は素泊まりでのご利用となりますことをご了承下さい。

小屋には小屋番はすでに常駐いたしております。
荷揚げについては随時わかり次第、Facebookやブログ、ホームページにて、ご案内させていただきますので、随時チェックして頂けたら幸いです。

尚、烏帽子岳に向かう崩落箇所の修繕についても
試行錯誤しながらなんとか進めている状況です。
今はまだ通行可能とはなっておりませんが必ず開通させたいと思っております。

こちらの状況も随時FBとホームページでお知らせいたします。

小さな山小屋の力でどこまでやれるのか、苦心しておりますが関係省庁の方々や、諸先輩がたのお力やお知恵を頂きながら一歩一歩、進めて行けたらと思っております。

ぜひ今年は裏銀座の船窪小屋にお越し下さいませ。

皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

船窪小屋 松澤

船窪小屋は7月11日からオープンしております。
上に記載の記事にございますように、船窪小屋への登山ルートが限られておりますので、
ご予約の際は最新情報をご確認下さい。

7月23日24日につきましては、先日満室の為ご予約できませんと案内しておりましたが、
キャンセルが出たためご予約の受付を再開しております。
7月25日につきましては、空きが少なくなっておりますのでお早めのご予約をお願い致します。

皆様のお越しをお待ちしております!

いつも当ホームページをご覧いただきありがとうございます。
先日、登山道のパトロールを行いました結果、船窪岳山頂付近の崩落が激しく、復旧まである程度の時間がかかる見込みです。
当面、通行止めとさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
復旧次第当ホームページ、ブログ、船窪小屋Facebook等で情報を発信致しますので、そちらもご覧ください。
なお、今期針ノ木小屋さんが営業されないとの事ですので、種池山荘~北葛岳山頂間も通行止めとなっております。

七倉岳~北葛岳間は往復のみ可能です。
詳しくは、針ノ木小屋さんのホームページや大町市観光協会のホームページのチェックをお願い致します。

黒部平方面は、今年度は整備が出来ておりませんが、実施予定ですので整備次第ご案内致します。

1日も早く、船窪岳山頂付近の通行が可能となるよう最善の努力をして参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

有限会社ベルグハウス 代表 松澤宗志

大町市観光協会HP https://kanko-omachi.gr.jp/
針ノ木小屋HP http://www.harinoki.com/